メールでは添付できない大きなファイルを送る方法

この記事がお役にたちましたらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

cloudotixo800

はじめに

皆さんは大きなデータファイルの送信はどうしているでしょうか?
メールだとあまり大きな容量の送受信はできません。
各プロバイダーの送受信が可能な容量を調べてみると(2015年2月現在)

  • ヤフーメール(送受信ともに25MB)
  • Gmail(送受信ともに25MB)
  • OCN(送受信ともに 100MB)

でも、昔に比べると容量は増えましたよね。
昔はせいぜい5MBぐらいでしたから。

ファイル転送サービス

大きな容量を相手に届けるのに、一番簡単な方法はファイル転送サービスを使う方法です。
この分野で有名なところは

宅ふぁいる便は会員登録不要で50MB、データ便は会員登録不要で100MB、なんとGigaFile(ギガファイル)便は会員登録不要で容量無制限でファイルを添付できます。すごいですね。

こんな方法もあります

他にもレンタルサーバーを使う方法や、ドロップボックスを使う方法があります。
さくらインターネットのレンタルサーバーに、FTPソフトのCyberduckで接続した場合で説明します。

スクリーンショット(2015-02-02-12.10.17)

HTTP URLを選ぶとファイルのURLがクリップボードにコピーされるので、メール本文にペーストするだけで、相手にダウンロード先を伝えることができます。
ただ、同じディレクトリーにindex.htmlを作っておかないとディレクトリが丸見えなってセキュリティーに大問題が生じます。
何も書いていないファイルで良いので、index.htmlを作って下さい。

ドロップボックスを使って、相手に大きなファイルを送る方法は、ドロップボックス内のフォルダにファイルを置いてDropboxリンクを共有を選ぶとリンク先URLがクリップボードにコピーされるので、メール本文にペーストすれば相手にダウンロード先を伝えることができます。

スクリーンショット 2015-02-02 午後0.03.09

URLを受け取った相手はダウンロードボタンを押せばダウンロードが開始します。

スクリーンショット 2015-02-02 23.28.46

ドロップボックスは非常に便利ですので、まだ使っていないなら是非オススメです。
ドロップボックスに登録する

この記事がお役にたちましたらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログをフォローする